地方不動産の動向

最近、弊社に入ってくる情報で、特に地方の不動産価格が益々下落傾向に転じてきております。

これは以前から申し上げている通り、金融機関による融資基準が厳しくなってきたことが理由と考えられます。

(※特に地方物件に対する融資条件が更に厳しくなってくることが想定されます。)

私がお付き合いのある投資家のお客様で、順調に資産形成をされている方の大半は、融資が厳しい状況の中で融資を受け、投資物件を購入されております。

様々な考え方がありますが、弊社では地方物件に対する投資は非常に価値あるものと考えております。賃貸需要や人口推移等、様々なデータを収集し、適切な戦略を行うことで、入居はきちんとつきます。

(事実、弊社でご紹介した地方物件は、お客様へお伺いしたところ、ほぼ例外なく9割以上の入居を維持しております。)

以前のコラムにも記載しましたが、融資が厳しくなり、物件価格が下がって来た時がチャンスです。今後更に融資が受けづらくなっていくことが想定されておりますので、好条件で物件を取得するチャンスを逃さないためにもきちんと準備しておくことをお勧めします。

 

購入を進めるにあたって

◎金融機関の開拓

こちらも以前からお伝えしておりますが、物件を購入する際、大半の方が金融機関より融資を受けると思います。いい物件情報が入ったとしても融資を受けることができず、購入できなかったとなれば、大きな機会損失です。次に同条件の物件といつ巡り合えるかはわかりません。そうならないためにも銀行開拓はきちんと行うことが大事です。

 

◎目標設定

何かを新たに始める際に共通することですが、目標を定める事は大事なことです。

不動産投資を行うにあたり、5W1Hに当てはめて考えていくとどのような物件を購入していけば良いかが見えてくるのではないでしょうか。

・なぜ(Why)

⇒なぜ不動産投資を行うのか?

・なにを(What)

⇒不動産投資で何をするのか?(お金を生み出す仕組み作り)

・だれが(Who)

⇒誰が行うのか?(当然投資家様ご自身ですよね…笑)

・いつ(When)

⇒いつ行うのか?ゴール期日はいつか?(いつから始め、いつまでにゴールするか)

・どこで(Where)、

⇒エリア(どこで)はどうするか?

・どのように(How)

⇒どのように情報を収集するか?どのようにスタート・運営していくか?

このように当てはめて考えていくと漠然としたものが見える化します。

それにより、どういった物件が〇で、逆にどういった物件が×かの判断基準ができ、意思決定も早くなり、

より戦略的に物件の購入を進められるかと思います。

 

弊社では長年蓄積した経験とスキルで、お客様へ最適なご提案を行えるよう日々活動しております。

必ず皆様のお力になれると思います。

ご相談・ご面談等、お気軽にお問い合わせください。

電話番号 : 03-3341-2841

メールでのお問い合わせはコチラ