1月下旬辺りから、弊社に入ってくる情報で、非公開の物件情報及び任意売却案件で、好条件の案件が徐々に増えてまいりました。

全てではないですが、大半は一般の案件よりも条件がいい案件です。

それに付随するかのように、物件が欲しいが融資が出ない…という相談を受ける件数も少しづつ増えてまいりました。

なぜこのようなことが起こっているのか。

 

これは私が直接お会いした方やこのコラムでも言ってきましたが、融資条件の変化という点だと思われます。

既存取引や不動産投資実績のない方で、これから不動産投資を始めようという方への条件が昨年とは異なってきています。

つまりは審査基準が厳しくなってきているという事です。

 

では融資を受ける方全員に対してそうなっているのかというと、決してそうではありません。

きちんと銀行から融資を受け、好条件の案件を取得されております。

 

この差は、一重に銀行の開拓をしたかどうかに因るかと思います。

(高属性・自己資金が潤沢にある方などの例は除きます。)

 

融資が受けづらい状況の中でも、現在成功されている投資家の方の多くは銀行からきちんと融資を受けて物件を購入し、市場価が上がったタイミングで売却してキャピタルゲイン(売却益)を得られています。

 

安く買って高く売る。

(商売の基本ですね…)

※今後は、弊社の方でご紹介させて頂いた案件の実例をご紹介していこうと思います。

 

チャンスに乗り遅れないためにも今のうちに準備をしませんか?

弊社では長年蓄積した経験とスキルで、お客様へ最適なご提案を行えるよう日々活動しております。

必ず皆様のお力になれると思います。

ご相談・ご面談等、お気軽にお問い合わせください。

電話番号 : 03-3341-2841

メールでのお問い合わせはコチラ