本日、民泊に関する法案が閣議決定されました。

以下のURLより内容が見れます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170310/k10010905521000.html

 

「ホテルや旅館と区別するため、年間の営業日数は180日を上限とした上で、都道府県や政令指定都市などが条例でさらに日数を短くすることも認めている」とあります。

 

民泊は、国家戦略特区で認められており、旅館業法に基づき、カプセルホテルなどと同様に「簡易宿所」として都道府県などの許可をとれば営業できます。

 

しかし、旅館業法の遵法性を守るための改修工事を行い、且つ運営上のランニングコストを考えていくと今まで通り、ビジネスとしての民泊の旨みは全然感じられませんね…。