金融機関の融資に関してのコラムも色々と書いてきましたが、メガバンク・地銀・信金は特段大きな状況変化はまだ見られておりません。

しかし、日本政策金融公庫に関しては融資が出なくなってきました。

この状況がいつまで続くかは不透明ですが、今まで日本政策金融公庫で融資を組んで購入できていた物件が、融資が出なくなることで購入できなくなるケースは増えてくると思います。

それにより、購入条件が良くなる可能性は非常に高いです。

公庫がこの先恒久的に不動産に対する融資を閉めるとは考えにくいので、先々の事を考えると、条件が良くなった物件を購入することは得策と言えるケースは十分に考えられますね。

 

ここ最近ですが、一棟マンション・一棟アパートと、弊社が扱わせて頂いてる案件の条件面は更に良くなってきたように見受けられます。

それに比例してか、お客様からお客様をご紹介して頂く事も増え、少しずつではありますが、物件のご紹介をできる機会が増えております。

 

エリア・構造・利回りなどお客様によって投資対象は違います。

同時に、資金面(利用する金融機関、自己資金など)も様々です。

 

弊社では創業以来、「お客様の収益を最大化し、資産形成を確立する」事をモットーに活動してまいりました。

よって、弊社からお客様に対して、決して押し売りは決して致しません。

 

長年蓄積した経験とスキルで、お客様へ最適なご提案を行えるよう日々活動しております。

必ず皆様のお力になれると思います。

ご相談・ご面談等、お気軽にお問い合わせください。

電話番号 : 03-3341-2841

メールでのお問い合わせはコチラ